EP綜合株式会社

  • EN
  • ご利用方法
  • ニュースリリース
  • 事業所/アクセス
  • TOP

MENU

CRC業務

経験豊富なCRCが多数在籍し高品質な治験業務を支援

治験を実施する医療機関において、治験責任医師または治験分担医師の指示のもと、治験の進行を支援するのがCRC(Clinical Research Coordinator:治験コーディネーター)です。当社は、がんや循環器疾患をはじめ、特に高度な専門知識を要する領域で活躍できるCRCを多数擁しており、あらゆる治験に対応可能です。
また、コミュニケーションを重視した人材育成によって、被験者の心に寄り添い、さまざまな視点から円滑で安全な治験の実施を支援できるCRCを育成しています。

CRCの主な業務

CRC業務

治験業務をさまざまな角度から支援

治験開始後は、治験責任医師・治験分担医師の指示のもと、治験実施チームの一員として治験業務の円滑な進行を支援します。

治験をサポート

英語での報告もお任せください

当社はグローバル試験増加に伴い、英訳サポートチームを設置しました。
さらに、定期的に英語研修を開催し、グローバル試験に対応し得るスタッフの育成に取り組んでいます。

英語での報告もお任せください

専門性の高いCRC教育

CRCには、医学や薬学の知識はもちろん、GCPに関連する法的な知識など、幅広い専門知識が求められます。加えて、製薬企業と医療機関の“橋渡し役”としての調整力や折衝力、被験者の心身をケアするためのコミュニケーション能力や高い倫理観など、さまざまな資質が求められます。これら幅広い知識と資質を身につけ、治験の円滑で適切な進行をサポートできるCRCを育成するために、当社は継続性と実践性を主眼とした、独自の教育体制を構築しています。

詳しく見る