CRC日記

さくらを見て思うこと

  • 2019/04/15
  • 投稿者:いちご愛が止まらない


毎年春になると、担当している施設のさくらを楽しむ事ができます。
さくらを見ると、今年も新入社員が入社してくるなと、自身が新卒で入社したころを懐かしく思います。

私は3.11の東日本大震災の直後の4月に入社しました。震災で大学の卒業式が中止となり、余震の中で新人研修を受けた事が思い出されます。今こうして生きている事、元気に仕事が出来ている事は当たり前の事ではなく、日々感謝を忘れてはいけない、一日一日を大切に生きないといけないなと、改めて思います。

話は変わりますが、先日、中高校時代の同級生とホームパーティーを行いました。学生の時から、とにかく良く食べるメンバー。
ピザ・ローストビーフ・チーズ・サラダ・その他たくさんのお惣菜に・・ワインに酎ハイにビール。デザートには、いちごサンドウィッチ、練乳たっぷりいちご、トドメのシュークリーム・・

みんな【最近脂肪が落ちない!!太る!!太る!!】とは言いながら、
今日くらいはと、たくさん食べて飲んで、最高の時間を過ごしました。
話しの内容は昔と変わらず、くだらない事も多いですが、
健康の大切さや、女性としてのキャリア、結婚、出産・・・
そんな事も話す様になったのだなと、成長と共に年齢を感じます(笑)

社会人となり、それぞれ別のフィールドで活躍し、忙しい日々を送っている中でも、こうしてわざわざ時間を作って集まり、楽しい時間を共有できる友人に巡り合えた事は、本当に幸せです。

これからも定期的に楽しい会を開催できればと思います。


桜の季節

  • 2019/04/01
  • 投稿者:もぐら


最近の私は、月に1度の国内旅行が私の楽しみ(趣味?)になっています。3月の上旬には、河津桜を見に伊豆に行きました。早咲きの桜で、見に行った時には、花は殆ど散ってしまっており、青々とした葉っぱが茂っていました。しかし、川沿いには菜の花も植えられており、黄色の綺麗な花を咲かせていました。もう春も終わりのような暖かな陽気で、とても気持ちのよい散策を楽しむことが出来ました。
仕事については、中途で入社し4年目となりました。クリニックと規模の大きな病院の両方を担当させて頂いています。以前は病院で管理栄養士と勤務していたので、働き始めた頃は本当に一から様々なことを先輩達から教えて頂きました。入社してから勉強することは多く、イレギュラーな対応もよく起こります。一人で治験の対応することも多くなってきましたが、なにかあれば先輩や同僚に直ぐに報告や相談が出来る環境があるので、1人で悩まずに働くことが出来ております。
治験コーディネーターとして、患者さんと向き合い治験に参加して良かったと感じてもらえる様に、これからも努めて行きたいと思っております。


Live and learn

  • 2019/03/15
  • 投稿者:みみこ


6年制の薬学部を卒業後、新卒で入社しモニターとして2年半勤めた後、合併を経てCRCとしては1年半になります。友人は病院や薬局で勤務する人が多く、CRCの存在は知っていても仕事内容はあまり知られていません。私もまだまだ新人なので、上手く説明することが難しいのですが、もう少し医療現場でもCRCについて理解が深まると良いなと思いながら、拙い説明をしています。
CRCになって一番はじめに思ったことは、患者さんとの距離がとても近いと言うことです。医師に伝えにくい事や日常生活での悩みなど、相談に乗りながら関わっていくことは非常に新鮮です。患者さんに元気を頂くことが多く、治験が終わった方でも、来院のたびに顔を見せてくれる方もいます。モニターは患者さんと直接関わることが無かったので、本当に嬉しい幸せなひとときです。
私の趣味は掃除と睡眠、温泉巡りと基本的には外に出ることは好まないのですが、夫はカメラやロードバイクなどのアクティブな趣味を持つので、月1・2回の撮影後温泉巡りを共通の趣味にしています。仕事が終わり、機材の準備を終えて21時には就寝、0時に起床して出発、4時頃撮影地に到着、暗いうちから3時間ほど撮影、温泉に入り、5時間交代でドライブしながら帰り、月曜日から元気に働きます。冬の北海道は-20℃以下になることもあり、まつげも凍って真っ白になる環境での撮影になります。正直何歳までこのスケジュールに持ち堪えられるかわかりませんが、風景や動物達は本当に美しく、空気はどこまでも澄んでいて、自分の目で見た時の感動は言葉では表せないものがあり、また頑張ろうという気持ちになります。(写真は2018年お気に入りの1枚です。)
CRC業務は未だにはじめての対応もあり、イレギュラーなことも起こるので、毎日が勉強です。多くの方達に支えて頂いて業務が出来ること、働きやすい環境を作って頂いているおかげでプライベートを充実して過ごすことが出来ていることに、感謝感謝の毎日です。


食べ歩きの旅

  • 2019/03/01
  • 投稿者:おまんじゅう


臨床経験もほとんどない中で臨床検査技師からCRCとなり早10年となります。その間に結婚をし、二度の産休育休を経て、今は2児の母として、CRC業務をしています。仕事と育児と家事とで、毎日が目まぐるしく過ぎ去っていきますが、先輩や同僚のサポートを頂きながら、CRCとしても、母としても、充実した日々を送っています。

治験は決められたスケジュールの中で進めていくため、被験者様のスケジュール管理や体調把握などもCRCの大切な業務の一つと感じています。それに加えて、母としては子供たちの体調管理もあり、子供の急な体調不良で、各所の調整に追われたことも多々…。仕事と育児の両立はやはり大変なこともありますが、その分、自分が関わっていた治験薬が承認された時などは喜びもひとしおです。

そんな多忙な毎日ですが、休暇にはリフレッシュも兼ねて旅行に行くことが私の楽しみの一つです。昨年末には宮城県仙台市まで家族で足を延ばしてきました。仙台城跡や瑞鳳殿、松島などの観光名所を回り、牛たんや海鮮、ずんだもちなどのグルメもしっかりと堪能してきました。

CRCとしての日々の充実はもちろん、今年も時間を見つけて、まだ訪れたことのない所へと足を延ばせたらと思っています。


素敵な言葉

  • 2019/02/15
  • 投稿者:いちご


2019年になり、1カ月が過ぎましたが…
昨年は社会人になり新たなスタートを切りました。4月に入社し2カ月間の研修を終え、施設で4カ月間のOJT研修がありました。何も分からない私でしたが、OJT指導者の先輩や施設内の諸先輩方は、社会人としての基礎やCRCについてなどたくさんのことをご指導してくださいました。毎日がとても充実し、あっという間に月日が流れました。恵まれた環境で研修をさせて頂き、とても勉強になる年になりました。
2019年ようやくCRCとしての一歩を踏み出すことができました。経験も知識もまだまだ足りない私ですが、今は仕事を任せて頂けることが嬉しく、CRCとしてできることが増えていく日々に喜びを感じます。
先日、放射線科の教授が、『私は目の前の一人の患者様とその家族しか幸せにできないけれど、あなたはこれからの何万人、何百万人、何千万人の人たちを幸せにできるとても誇らしい仕事ね。目の前のことだけだと地道でとても大変だけれど、夢のある仕事だわ。』と話してくださいました。私は入社してまだ僅かしか経っていませんが、時に日々の生活に追われ目の前のことだけになっていることがありました。治験の先にはたくさんの患者様が待っているということを忘れかけていました。教授の素敵な言葉で改めて素晴らしい仕事に携わっているということに気づきました。

話は変わりますが、社会人になり美味しいものをたくさん食べ歩き、心も身体もリフレッシュしています。写真は先日食べに行ったパフェです。目の前で一層ずつ作ってくれるので目でも楽しむことができ、とても美味しかったです。今年は旅行にもたくさん行けるように計画を立てたいと思います。

2019年、周りの方々へ感謝の気持ちを忘れず、皆様のお力になれるよう日々笑顔で努めて参ります。


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30