CRC日記

素敵な言葉

  • 2019/02/15
  • 投稿者:いちご


2019年になり、1カ月が過ぎましたが…
昨年は社会人になり新たなスタートを切りました。4月に入社し2カ月間の研修を終え、施設で4カ月間のOJT研修がありました。何も分からない私でしたが、OJT指導者の先輩や施設内の諸先輩方は、社会人としての基礎やCRCについてなどたくさんのことをご指導してくださいました。毎日がとても充実し、あっという間に月日が流れました。恵まれた環境で研修をさせて頂き、とても勉強になる年になりました。
2019年ようやくCRCとしての一歩を踏み出すことができました。経験も知識もまだまだ足りない私ですが、今は仕事を任せて頂けることが嬉しく、CRCとしてできることが増えていく日々に喜びを感じます。
先日、放射線科の教授が、『私は目の前の一人の患者様とその家族しか幸せにできないけれど、あなたはこれからの何万人、何百万人、何千万人の人たちを幸せにできるとても誇らしい仕事ね。目の前のことだけだと地道でとても大変だけれど、夢のある仕事だわ。』と話してくださいました。私は入社してまだ僅かしか経っていませんが、時に日々の生活に追われ目の前のことだけになっていることがありました。治験の先にはたくさんの患者様が待っているということを忘れかけていました。教授の素敵な言葉で改めて素晴らしい仕事に携わっているということに気づきました。

話は変わりますが、社会人になり美味しいものをたくさん食べ歩き、心も身体もリフレッシュしています。写真は先日食べに行ったパフェです。目の前で一層ずつ作ってくれるので目でも楽しむことができ、とても美味しかったです。今年は旅行にもたくさん行けるように計画を立てたいと思います。

2019年、周りの方々へ感謝の気持ちを忘れず、皆様のお力になれるよう日々笑顔で努めて参ります。


仕事もプライベートも全力で

  • 2019/02/01
  • 投稿者:15年ぶりのショートヘア


私は昨年4月に新卒社員としてEP綜合に入社し、早や10カ月が経ちました。初めのうちは何もわからない状態でしたが、OJT研修にて治験の流れや対応等、非常に多くの事を先輩方や上長にご指導頂き、10月より無事CRCとして働ける事となりました。研修が終わってからも、先輩方はいつも親身になって教えてくださり、恵まれた環境で働けている事に感謝しかありません。現在では一人で対応する事も増え、CRCだという実感が湧く日々に責任感を覚えると同時に嬉しさを噛みしめています。

10月の本配属に伴い、人生初の一人暮らしが始まりました。初めは慣れない土地や慣れない生活、知り合いの全くいない環境に戸惑う事が多く、漠然と過ごす日々が続いていましたが、せっかく与えられたこの環境、ただただ無駄に過ごすのは勿体ないと思い、2019年の目標を3つ立てました。
1つ目は「週2回は運動する事」です。心がモヤモヤする時や体が鈍っている時、1時間程度走ることで、心も体も軽くなり良い気分転換になります。また、気のせいかもしれませんが、腹筋が割れてきたような気がするので、6パックを目指して奮闘中です。
2つ目は「毎日英語を10分勉強する事」です。英語は苦手ですが、海外旅行の際現地の人と話したいという願望を叶えるため、「塵も積もれば山となる」を信じて、コツコツ続けようと思います。
3つ目は「毎日お弁当を作る事」です。作り置きのおかずを作る事で野菜中心の食生活になったり、食費がういたり、女子力が上がったような気になったりと、良いことでいっぱいです。写真は何にしようか悩みましたが、目標実行中の証拠としてお弁当の写真を載せました。

オンとオフをしっかり切り替え、仕事をする時は常に学ぶ姿勢を忘れず全力で取り組み、プライベートの時は掲げた3つの目標を基に気分転換をしながらも自分を高め、どちらも充実したものにして一回りも二回りも成長できるよう頑張ってまいります!


  • 2019/01/15
  • 投稿者:ひよっこ


私は福祉施設での管理栄養士を経て、念願のCRCとなりました。治験に興味を持ち、CRCに憧れて転職を決意しましたが、臨床経験がなかった為なかなか採用されず・・・。リトライし、県外に引っ越しをしてやっと入社出来ました。あれから1年半が経ちます。最初の頃は初めての一人暮らしに、初めての土地に、初めての仕事にとにかく慣れるのに必死でした。ホームシックになってしまい、恥ずかしくも泣いてしまった事もありました。それでも意欲と共に食欲だけはあったので弁当作りだけは欠かさず、毎日スープジャーとお弁当を持参していました。
本当にあのころは同僚にたくさん助けてもらいました。とにかくCRCは面白い方が多く、例えや言葉のチョイスも抜群に面白くて、たくさん笑わせてもらいました。
1年前に地元に戻り、メインで新規の施設を担当する事になりました。新しい上司や同僚も親切な方ばかりです。上司はよく電話をくれて、心配や問題を話すと、私のペースで一緒に解決してくれます。部下は1人だけじゃないのに・・・。本当に感謝しています。
実は昨年、結婚をしました。なので、昨年の漢字一文字で表すと祝です。たくさんの方に祝福して頂きました。そして写真は結婚指輪を購入したお店から抽選で招待された「Breakfast会」のものです。あの有名な映画になぞらえてのイベントです。全国から招待された新婚夫婦と一緒に、オシャレな朝食を頂いてきました。美味しくて、おもてなしも素晴らしくて、夢のようなひと時でした。
CRCの仕事は柔軟性や臨機応変の対応だけでなく、しっかりと守らなければならないコンプライアンスもあり、やっぱりカッコイイと思います。CRCとしても妻としてまだまだひよっこの私ですが、コツコツとステップアップ出来るよう頑張ります。


ノーベル医学生理学賞

  • 2019/01/07
  • 投稿者:きんぎょママ


12月上旬頃に報道されていましたが、2018年のノーベル医学生理学賞は京都大学特別教授の本庶佑先生が受賞されました。研究の内容は新しいがん免疫治療法である、「免疫チェックポイント阻害療法」についてでした。この研究から「オプジーボ」という抗ガン剤が開発され、皮膚がんや肺がん患者様へ新しい治療法を提供できるようになりました。
この「オプジーボ」も治験を通して、効果や安全性を十分検討されたうえで、新たな抗がん剤として患者様へ提供できるようになりました。また、「オプジーボ」以外にも免疫チェックポイント阻害薬の開発が進められており、治験も行われています。
このニュースを知ったとき、自身の「治験」という事に係われる仕事に少し誇らしさと重要性を感じました。日々医療は進歩し、そのため常に勉強が必要な仕事ですが、これからも前向きに頑張っていきたいと思いました。

写真は昨年甥っ子が夏祭りでとってきた金魚たちです。気づけばいつの間にかお世話係に任命されており、既に2年目突入です。金魚育成のポイントは餌やりと水替えです。特に餌やりは注意が必要で、金魚の多くの死因は餌のやりすぎです。金魚には胃がなく、与えれば与えた分食べてしまい、消化するために体力がどんどん消耗してしまいます。縁日等でとってきた金魚を飼う場合は、2〜3日は何も餌を与えず、新しい環境に慣れるのを待ちましょう。水替えについては、夏場はほぼ毎週・冬場は2〜3週ごとに水槽の3分の1程度の水を交換します。最初のころは予想外の手のかかり具合に大変でしたが、今ではかわいい金魚たちです。毎朝出勤前に餌をやり、「行ってきます」と声をかけて仕事へ向かいます。


上を向いて歩こう。

  • 2018/12/17
  • 投稿者:ななみん


私は今年の4月に新卒としてEP綜合に入社しました。大学では生物を専攻していたため、病名や臨床検査値などの知識がほとんどなく、入社当時は右も左も分からない状態でした。そんな私ではありますが、現場でのOJT研修にて指導者や周囲の先輩方に親身にご指導して頂いた結果、着実に成長することが出来てきています。未だ失敗することも多々ありますが、周囲の方の温かさに日々感謝しながら、精一杯業務に取り組んでいます。

最近の私の趣味はラーメン屋巡りです。
社会人になり行動範囲が広がったため、他県へ観光がてら食べに行くことも増えてきました。のんびりお店を探しながら初めて訪れた町を探索することが、とても良い気分転換となっています。休日遠出をすることがストレス発散になり、業務への活力にも繋がっています。

さて、話は変わりますが、私の座右の銘は’’上を向いて歩こう’’です。
仕事に悩んで いた頃、歩いている際の目線が下がっていることにふと気付きました。その日から意識的に目線を高くすると、自然と気持ちが明るくなり、心の切り替えが出来るようになりました。

社会人になったばかりの時は気持ちに余裕がなく、周囲の状況だけでなく自分自身のことでさえ考えることが出来ずにいました。入社後8ヶ月経った今、落ち着いて周囲を見渡すと、改めてたくさんの方に支えられていることを実感しています。まずは、1人前のCRCとして周囲の方に貢献するため、今の自分に出来ることから精一杯臨んでいこうと思います。
今後も、辛い時には空を見上げ、初心を忘れずに日々頑張っていきます。


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28