CRC日記

Live and learn

  • 2019/03/15
  • 投稿者:みみこ


6年制の薬学部を卒業後、新卒で入社しモニターとして2年半勤めた後、合併を経てCRCとしては1年半になります。友人は病院や薬局で勤務する人が多く、CRCの存在は知っていても仕事内容はあまり知られていません。私もまだまだ新人なので、上手く説明することが難しいのですが、もう少し医療現場でもCRCについて理解が深まると良いなと思いながら、拙い説明をしています。
CRCになって一番はじめに思ったことは、患者さんとの距離がとても近いと言うことです。医師に伝えにくい事や日常生活での悩みなど、相談に乗りながら関わっていくことは非常に新鮮です。患者さんに元気を頂くことが多く、治験が終わった方でも、来院のたびに顔を見せてくれる方もいます。モニターは患者さんと直接関わることが無かったので、本当に嬉しい幸せなひとときです。
私の趣味は掃除と睡眠、温泉巡りと基本的には外に出ることは好まないのですが、夫はカメラやロードバイクなどのアクティブな趣味を持つので、月1・2回の撮影後温泉巡りを共通の趣味にしています。仕事が終わり、機材の準備を終えて21時には就寝、0時に起床して出発、4時頃撮影地に到着、暗いうちから3時間ほど撮影、温泉に入り、5時間交代でドライブしながら帰り、月曜日から元気に働きます。冬の北海道は-20℃以下になることもあり、まつげも凍って真っ白になる環境での撮影になります。正直何歳までこのスケジュールに持ち堪えられるかわかりませんが、風景や動物達は本当に美しく、空気はどこまでも澄んでいて、自分の目で見た時の感動は言葉では表せないものがあり、また頑張ろうという気持ちになります。(写真は2018年お気に入りの1枚です。)
CRC業務は未だにはじめての対応もあり、イレギュラーなことも起こるので、毎日が勉強です。多くの方達に支えて頂いて業務が出来ること、働きやすい環境を作って頂いているおかげでプライベートを充実して過ごすことが出来ていることに、感謝感謝の毎日です。


食べ歩きの旅

  • 2019/03/01
  • 投稿者:おまんじゅう


臨床経験もほとんどない中で臨床検査技師からCRCとなり早10年となります。その間に結婚をし、二度の産休育休を経て、今は2児の母として、CRC業務をしています。仕事と育児と家事とで、毎日が目まぐるしく過ぎ去っていきますが、先輩や同僚のサポートを頂きながら、CRCとしても、母としても、充実した日々を送っています。

治験は決められたスケジュールの中で進めていくため、被験者様のスケジュール管理や体調把握などもCRCの大切な業務の一つと感じています。それに加えて、母としては子供たちの体調管理もあり、子供の急な体調不良で、各所の調整に追われたことも多々…。仕事と育児の両立はやはり大変なこともありますが、その分、自分が関わっていた治験薬が承認された時などは喜びもひとしおです。

そんな多忙な毎日ですが、休暇にはリフレッシュも兼ねて旅行に行くことが私の楽しみの一つです。昨年末には宮城県仙台市まで家族で足を延ばしてきました。仙台城跡や瑞鳳殿、松島などの観光名所を回り、牛たんや海鮮、ずんだもちなどのグルメもしっかりと堪能してきました。

CRCとしての日々の充実はもちろん、今年も時間を見つけて、まだ訪れたことのない所へと足を延ばせたらと思っています。


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31